お知らせ・コラム

Re-naturaでは、どうして体の痛みや不調、ダイエットのために「内臓」を調整するのか、その理由とアプローチの方法。

更新日:

内臓が固くなったり重くなると、どういった症状に繋がるのか?

そもそもどうして内臓が固くなったり、不調が出るのか?


内臓が固くなったり、不調が出てしまう原因の多くは、生活習慣によります。
食べ過ぎや栄養の偏り、睡眠不足などで疲れが溜まったり、また、ストレスも内臓の不調に繋がります。
内臓の不調と自律神経は密接に関わっていて、
内臓の不調=自律神経の乱れ=生活習慣の乱れ(偏り)
このような図式になります。

内臓は体の中心・体幹の中にある。

内臓は、肋骨や背骨、腹筋、骨盤に包まれ体の中心に位置しています。

内臓の動きが悪くなると、これらの骨や筋肉の動きにも制限を作ってしまいます。

例えば、この腰を反らせる動きですが、

「腸」に固さを感じたので調整してみると、

このように筋肉や関節を触らないでも変化が出る事があります。
つまり、内臓の固さや動きが、体の動きに関わっているということになります。
内臓の柔らかさ=カラダの柔らかさ
という関係性を持っています。
自分のカラダの動きにくさが、中々改善しにくい場合は、原因を内臓に焦点を当ててマッサージしたり、ストレッチするのも手かもしれません。

内臓の不調が、手足にも痛みや痺れとして現れることも

内臓が硬くなり不調が出ると、手足の痛みや動きにくさの原因になることもあります。

肝臓を調整すると、右肩が動きやすくなる
腎臓を調整すると、坐骨神経痛や膝痛に効く
肩こりは、内臓の不調の表れだ

など、信じ難いかもしれませんが、
このように言う人もいます。

これらは内臓からの筋膜の繋がり、自律神経の繋がり、内臓からの反射によるものなどが関わっています。
実際、中々、痛みや動きの症状が改善しにくい方に、内臓を調整することで、痛みの解消や動きの改善を経験することがあります。

実際、これまで、

・ジャンパー膝と言われていた右膝の内側の痛みが、小腸を調整した後から良くなった
・なかなか良くならない左足の坐骨神経痛が、肝臓腎臓の間の固さを取り除いた後から改善した
右肘の痛みを繰り返し、握力低下していた野球部のピッチャーが、肝臓を調整した後から改善した
ぎっくり腰でなかなか引かない痛みが、腎臓を調整した後からよくなった

など、挙げればたくさんいます。

痛みや痺れが、必ずしも痛めている場所ではなく、離れたところに原因を抱えていることがあり、その原因の一つに内臓の疲労や負担にある、ということです。

もちろん、内臓を調整すれば、全ての不調が取り除けるわけではなく、内臓が痛みや不調の原因になっていることがある、ということをご理解ください。

内臓の不調がダイエットの効果を半減してしまう理由

内臓の負担がくると内臓の働きが悪くなってきます。病院では問題ないと言われていても、日頃の食生活やストレスから、内臓の動きが固く、重くなっていることが大いにあります。内臓が固く重くなっていると、その内臓の血の巡りや代謝機能が落ちているとも言えます。

痩せるためには基礎代謝を上げる必要があります。
その基礎代謝のうち「内臓」は「筋肉」よりも割合が高いと言われています。

つまり、
基礎代謝の比率 = 内臓 > 筋肉
ということです。
痩せるためには、運動で筋肉を鍛える前に、内臓を調整(内臓ヨガなどセルフケアでもOK)し、代謝が上がりやすい状態を作っておく事が大切です。

どうやって内臓を調整するのか。

内臓に触れる

内臓を調整するためには、内臓に触れていく必要があります。とは言っても、内臓は皮膚や厚い脂肪や筋肉などが邪魔をして触りにくいと言われています。体の深部にある内臓を触るには、皮膚や脂肪、筋肉の上から深く侵入していく繊細な技術が必要です。体の層を捉え、奥にある内臓を優しく触れ、そこから固さを評価できることで、リリースしていくことが出来るのです。

内臓を調整する時には、専門的に学んでいる方にやってもらうことをお勧めします。無理に行うと、気分不良や余計に体の動きや代謝を悪くすることもあるからです。

内臓調整の効果を高めるためには、頭蓋骨や背骨まで調整を

頭蓋骨は脳を覆っていて、その脳はあらゆる神経の中枢・中心となっているため、頭蓋骨を調整することで、内臓はより働きやすくなります。また、交感神経や副交感神経といった内臓を支配する自律神経は背骨のすぐ近くを通るため、背骨を柔らかくしていくことで、自律神経が働きやすくなります。そうすることで、結果として、内臓も働きやすくなります。

自分で内臓を調整し不調を整え、代謝をあげる内臓ヨガ

内臓はそれぞれ部位によって動きやすい方向や角度があります。その動きを引き出せればセルフケアによっても自分で調整することが可能です。当サロンでは、一般社団法人日本内臓ヨガ協会の「内臓ヨガ」を取り入れ、お客様のセルフケアの一つとして、お伝えさせて頂いています。

・内臓に固さが痛みの原因になっている方へのセルフケア
・痩せにくくなって代謝が落ちている方のセルフケア

の為に、お伝えさせて頂いています。
比較的に優しいポーズでリラックスしながらでき、ご自宅でも続けやすい内容になっているかと思います。

まとめ

・生活習慣や食習慣から、内臓の不調がくる。
・内臓の不調は、体の動きの制限、痛みの原因になることがある。
・内臓を調整することで、体の動きや痛みの改善に繋がることがある。
・代謝を上げる為にも、内臓調整は有効!
・頭蓋骨も合わせて調整することで自律神経を整え、内臓を調整することになる。
・自分で、内臓を整えるセルフケアもある。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
リーナチュラは
沖縄の糸満・武富にある
整体サロンになります。

豊見城、八重瀬、南風原、南城
那覇、浦添、北谷など様々な地域の方に
お越し頂いております。

リーナチュラは
「完全予約制」のため
遠方より来られる前に、
一度、お問い合わせください。

ご相談だけでも受け付けていますので
お気軽にご連絡ください。

****************

Body make salon Re-natura

自律神経やホルモンバランスが
気になる方に【リーナチュラ】

*不眠や慢性疲労
*更年期症状
*生理痛や生理不順
*ダイエットの悩み
*長引く痛みや痺れ

〒 901−0311
  沖縄県糸満市武富282番地O
Mail: wbyt1125@gmail.com
Tel: 090-1944-2515

営業日:月ー土
    14時〜20時最終受付
【完全予約制】限定 3枠

休日:日・祝 ※その他、不定休

****************

-お知らせ・コラム

Copyright© リーナチュラ【沖縄】 , 2022 All Rights Reserved.